伝説は始まった

関西ジャニーズJr.に平野紫耀くんという男の子がいる。

 

1997年1月29日うまれのO型で、おばあちゃんコ。ふたつ下に弟がいる。身長170センチ。名古屋出身で実家も名古屋だけど今は関西を拠点とする関西ジャニーズJr.として活動してる。ジャニーズ事務所に入ったのは2012年の2月ごろらしいから、ちょうど来月で2周年。

プロフィールはこんな感じ。

 

わたしが彼にハマりだしたのは去年の2月下旬なんだけど、ハマりだした当初から、「平野紫耀はジャニーズ界のモンキー・D・ルフィなんじゃないか」ってずっと思ってる。でも、「平野紫耀  ルフィ」で検索かけてもそう提唱してる人はわたし以外いないっぽい。なんで。たびたびTwitterでそのことをつぶやいたけどほとんど賛同を得られなかったので、やっぱりそう思ってるのはわたしだけなのかな、と思った。

 

10日くらい前、年が明けた。年明け直後から今日まで、関西ジャニーズJr.界隈ではいろいろあった。今年の4月、関西からデビューグループが誕生することが発表された。グループのデビューは関ジャニ∞以降はずっとなかったから、10年ぶりってことになる。詳しくは別の機会にするけど、そのグループは既存のグループを解体して新しく作られたものだったし、デビュー決定という事実自体が大きなことなので、彼らもファンも「当事者」という自覚がある人間はきっとみんな心が揺れた。

デビューをしたら「Jr.」じゃなくなる。今の関西ジャニーズJr.から、デビューが決まった主力メンバーの4人がいなくなったら、新しい関西ジャニーズJr.が生まれる。

4日と5日に大阪城ホールで「あけましておめでとうコンサート」があった。デビュー組も含めた関ジュみんなでやるコンサート。わたしは5日だけ行ってきたんだけど、すごい楽しかった。詳しい感想はまたどこかで書きたい。このコンサートでわたしは「時代のうねり」を感じてた。まだ変わってないけど、もうすぐ関ジュが変わる。今の時代は終わる。デビューしていく4人から「受け継がれる意志」も勝手に感じたし、悲しんでる人も沢山いたけど「人の夢」は終わらないからしょうがない。そしてそこでやっぱり、「紫耀くんはジャニーズ界のモンキー・D・ルフィなんだ!」と思ったんです。少し具体的に書くと、関ジュ全員で踊る見せ場!ってシーンで紫耀くんがドセンだったり、関ジュのアイコン的存在だった桐山照史くんと二人で曲を歌ってそのままソロパートに入るって演出だったり…次の関西のセンターは紫耀くんなんだな、ってたぶんみんな思ったと思う…。思ったよね?

 

いやーすげーONE PIECE厨っぽいこと書いてますね!知ってる!ONE PIECE関連のことってこうやってネットに書くとすごいダサくなることわたしは知ってる!だからこうやって閉鎖的なブログというツールに書くことにしたんだ!(もっと知識や教養があれば深いこと感じられたし書けたんだろうけど、ハリーポッターONE PIECEしか読んでこなかったような人間だから…)

 

ということで、平野紫耀くんがいかにルフィと被るかって話。

紫耀くんとルフィの共通点

・超大型新人

紫耀くんは、ジャニーズに入る前、名古屋でローカルアイドルみたいなのをやってた。ダンスはずっとやっててもう12年目とからしいから、素人目でみてもずば抜けて上手いってわかる。それも、ジャニーズのダンスだけで育ってないから、特徴的でカッコいい。それは歌も一緒で、どこかでレッスン受けてたのかな?ってくらいジャニーズっぽくない上手さ。器用貧乏って言葉があるけど、そういう感じじゃなくて誰が見てもわかるような華があるから飛ぶ鳥を落とす勢いで人気と注目を集めてる。

地元で芸能活動やってたって話が、ルフィがガープにエースと一緒に山奥に預けたことによりサバイバル能力を付けたってとこと被る。

・運動神経抜群

基本的に何でもできる。バク宙とか、ジャニーズがステージ上でやったらかっこいいことはできる。野球もバスケもサッカーもラグビーも水泳も確か習ってたんだっけ?なんかよくわかんないけどなんでもできる。バドミントンは愛知一位になったらしい。ステージ上でよくぴょーんって跳んでるけど、そのジャンプ力が遠くから見てもちょっとひくくらいヤバい。あんま頭で考えないで、とりあえずやってみて出来ちゃう感じがルフィと似てる。

・普段ヘラヘラしてるけど本気だすとすごい

ダンスも歌も超上手いけどMCとかのときはへらへらふわふわしてる。ホント、笑って上手く世を渡ってきたんだろうなーって感じ。でも本気出すとヤバい。紫耀くんの所属するグループKinKanの持ち歌でKinKi Kidsの「2nd Movement」って曲があるんだけど、その時の紫耀くんは覇気を纏ってる。ちょっと怖い。そのふり幅がまじですごい。紫耀くんは覇王色の覇気遣いだと思う。*1

・でも力の配分わかってない感もある

・直感的

うーんなんていうか、どちらかを知ってるひとはわかるよね。計算とか体力温存とか小賢しいことはあんましない感じ。

・論理より実践型

・動物が好き

・めっちゃ男子

ロボットとかクワガタとかで興奮する感じ。自分の気持ちをだらだらと言語化しない感じ。技術に重きを置く感じ。似てる。男、じゃなくて男子。紫耀くんの前にハンコックが現れても、きっとルフィと同じように石にされないんだろうな、ってもう100回くらい考えた。*2

・字や絵が下手

わたしは下手だと思わないんだけどね。なんていうか、天才的。

・肉が好き、よく食べる

ちょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー食べる。詳しくは忘れたけど、中華料理屋さんで6人前くらい食べたらしい…。もっとだっけ?その後かな?ホテル戻って、「おなかすいてる人連絡下さい」ってチャット回したらしい…。肉も好きっぽくて得意料理とか好きな食べ物の話のときはいつも肉料理あげてる気がする。ルフィも肉が好きだよね。

・優しい、仲間思い

すごい優しい。優しさのかたまり。KinKanメンバーの柊真くんとかはよく紫耀くんの優しいエピソードを話してる。プレゼントあげたりとか、仲間思い。あんまり自分が自分が!っていかない。初めてメンバーの前で泣いた理由が「メンバーに凝ったプレゼント作ってきたのにぞんざいに扱われたと勘違いしたため」ですよ!ぼくKinKanだいすきなんですよ~ってニコニコしてる感じとか、柊真くんに通訳してもらってる感じが、ルフィが「おれよくわかんないけどナミにまかせとけばいーよな!」って言う感じに似てる。すごい仲間を信頼してる。

・無駄にコミュ力高い

紫耀くんは東京のJr.とも活動することがあるけど、とにかくコミュ力が高い。ルフィがすぐ現地のひとと仲良くなっちゃうのと似てる。あと、ルフィってよく「だって友達だろ?」みたいなこと言うじゃん。紫耀くんもメンバー(康二くん)のことを「ともだち」と表現したことがあって、ライバルだし仲間って意識が強くなりがちなJr.のメンバーをそう表したのってすごく「らしい」なって思った。

・いつのまにか慕われる

ONE PIECE10巻で、アーロンと戦うシーンのとき、「おれは剣術も航海術も持ってないし料理もウソもつけない。助けてもらわないと生きていけない自信がある!」みたいなこというんですよ。ルフィ。一番強いのに。チョッパーはすげーなーとか、ウソップはすげーなーとか本気で思って言ってる。歌もダンスもめっちゃうまいのに、「ぼくはいつもまわりにたよりっぱなしです。」「メンバーがいるから心強いです」みたいな姿勢が、紫耀くんがいつもまわりの人に愛される理由だろうなーと思う。

・秀才というより天才

ルフィと紫耀くんって学力的にも大差ないと思う。紫耀くんの発言がぶっとんでることは、ちょっと調べればわかってもらえると思うんだけど、その発想が天才的。すごい。あそこまでいくと「勉強って大事だね」ってならない。一円玉食べちゃって病院いったら3枚も出てきたとか、サッカーゴールのぼったら教室につくと思ったとか、持久走チャリで乗り切ったとか、DQN天才かよ…勉強面以外でも、努力はしてるんだけど、うーーーんなんていうか、努力しなくてもある程度できるひとが努力したので誰も追いつけないレベルのパフォーマンスになりました、って感じ。

 

こんな感じかなーーーーーーーーーー。容姿は同じ関西ジャニーズJr.、なにわ皇子の永瀬廉くんのほうが似てるんだけどね。

 

最後に、紫耀くんをみるたびに思い出すONE PIECEの台詞を載せます。

 

ビビ「ルフィさんの頭の中は近くにいたってわからないのよ

   考えるだけムダ!…ただし彼らのやる事は全て…信じられる

  「彼は海賊王になる男よ

 

ミホーク「能力や技じゃない――その場にいる者達を次々味方につける

     この海においてあの男は 最も恐るべき力を持っている………!!

 

そんな平野紫耀くんが、初出演にして初主演を務めるドラマ「SHARK」が今夜25:05から始まります。楽しみ。

*1:ちなみに康二くんは武装色で、柊真くんは見聞色の覇気遣いだよね

*2:小瀧望さんはいっぱつだね!